労働災害情報

林業・木材製造業労災情報(京都府管内)

速報3

発生日時 平成24年7月17日 午後1時50分頃
発生場所 船井郡京丹波町
被災者 60代男性
概要 午前8時頃から刈払機(ダブルグリップ仕様)を使用してスギ植林地(6年生)の下刈作業に従事していた(区域分けをした上で作業車3名にて実施)。
午前11時30分頃から1時間昼休憩を取った後、作業を再開した午後1時50分頃に作業地内の斜面を山側に立って谷側向けに刈払機を操作していたとき、斜め左下の位置にある直径約10数㎝の切り株に刈刃が接触しキックバックを起こした。
その反動で刈払機が跳ね返され、反対側(斜め右下)にあった直径約20㎝の切り株に当たったが、止まることなく続けて跳ね返り、キックバックの反動で体勢を崩したために、前(下)に出てしまっていた左足の脛部分に、回転している刈刃が接触し被災した。
すぐにアクセルを戻しエンジンを止め、ベルト連結部分より刈払機を離脱後、被災部位を自力で止血した。
その後、作業現場に近接している作業道まで移動し、隣接の区域で作業中の同僚に携帯電話で連絡。
同僚の作業者に付き添われて下山し、救急車で病院へ搬送され、緊急手術。現在平成24年9月現在リハビリ中。

速報2

発生日時 平成24年6月27日 午前11時40分頃
発生場所 京丹後市網野町
被災者 60代男性
概要 スギ50年生の人工林の林地内(急斜面地傾斜約40°)で3人1組で伐木作業中に被災。
伐倒作業中に元口が谷側に滑り落ち、末口部分が被災者の東部を直撃。ヘルメットは着用していたが、脊椎(首)を骨折。意識は回復し、リハビリをしている。

速報1

発生日時 平成24年6月26日 午前9時55分頃
発生場所 綾部市
被災者 70代男性
概要 ヒノキを伐採作業中、鎖を使って木に登ったところ、高さ10メートルから転落。全身を強く打ち、約1時間20分後に死亡。
森林組合の委託を受け、妻と二人で作業していた。ヘルメットは着用していたが、命綱を着用していなかった。

関連リンク

林業・木材製造業労働災害防止協会 災害速報